MENU

≪比較≫消費税10%になる前と後 買っておくべきものを考える

2019 7/11
≪比較≫消費税10%になる前と後 買っておくべきものを考える

消費税が10%になる予定10月まであと3か月を切りました。

10月以降は消費税10%の品物と、食料品など8%のままの品物と

税率が2種類あることになります。

小売店などの対応が大変そうですね。

増税というだけでマイナスのイメージ、拒否反応をもってしまいますが

実際消費税10%になるとどれくらい出費が増えるのか、

実際に計算して数字をだすことで、

冷静にとらえたいと思います。

8%のままの商品 軽減税率対象商品

  • 飲み物、食料品(酒類は10%)
  • フードコート、テーブルなどのない屋台での飲食
  • コンビニの食品
  • デリバリーピザなどの宅配

レストランなどでの飲食には10%かかると知っていましたが、

フードコートは8%のままというのはあまり知られていないのでは?

軽減税率が適用される食料品に関しては、

増税前に買うべきものは特になさそうです。

生活雑貨一般は買っておくべき?増税前と後の値段を比較してみました

洗剤、紙オムツ、生理用品などの

生活雑貨一般は消費税10%になります。

トイレットペーパー

300円として(計算しやすくするため)、

8% → 324円
10% → 330円

この6円の差をどうみますか?

10パック買いだめしたとして60円の節約。

子供用紙オムツ

1500円とします。

8% → 1620円
10% → 1650円

30円の差。1ヶ月3パック買ったとして、

ひと月90円の差です。

余談ですが、この微妙な差を節約するより、一部布おむつにされる事を私はオススメします。上の子が0歳の時、家にいる時だけ布オムツにしていましたが、紙オムツの減りが全然ちがいました。

医薬品

風邪薬3000円とします。

8% → 3240円
10% → 3300円

60円の差。

3000円のものを買っても60円の差、

ということはスーパーで1回3000円分の買い物してもこのくらいの差ということですね。

家電 テレビ

ちょっといいやつで50000円とします。

LC-40W5 シャープ 40V型 地上・BS・110度CS デジタルフルハイビジョン 液晶テレビ AQUOS (別売USB HDD録画対応)【smtb-k】【ky】

価格:49,780円
(2019/7/5 05:23時点)

 

8% → 54000円
10% → 55000円
ここで1000円の差がつきました!
価格10000円を超えるものを買う場合は、
消費税が千円超えてくるので負担が大きく感じますね・・・。
ただ、増税前の駆け込み需要につながるかどうかは微妙な差。
各企業が増税還元キャンペーンを実施することも
予想されるので、本当に買おうと思っていた人以外は
焦って買う必要はないのでは?

家電 エアコン

150,000円とします。

【ポイント10倍!7月4日(木)20:00~】【無料長期保証】【標準工事代込】パナソニック CS-EX409C2-W エアコン Eolia(エオリア) EXシリーズ (14畳用)

価格:159,840円
(2019/7/5 05:25時点)

8% → 162,000円
10% →16,5000円

3000円!

これもテレビと同じく、還元キャンペーンや値切りで取り返せる

差かもしれません。

家電は型落ち品を買う、決算セール時に買う、などして工夫すれば、最新型を買うよりかなり安く買うことができます。夏から秋にかけて新商品が発売される家電も多く、逆に10月以降に購入したほうが安く買えた、なんてことにもなるかも?

自動車

子持ち家族に人気 ミニバンで比較します。250万円ということで。

8% → 2,700,000円
10% →2,750,000円

5万円の差がつきました!!

これは大きいですよね?

庶民の私には大きいです。

消費税10%の場合、100万円を超える商品には

10万円以上の消費税がかかるので、かなり大きいです。

でも、この金額のものを「増税前だから」と言って買えるかどうか。。。我が家は買えません。車には人によって買い替えどきがあるんですよね。2,3年で買い替える人もいますが、我が家は10年は乗ることにしています。今乗っている車は7年目。下の子が小学校に上がるころに買い替えようと思ってお金を貯めています(ローンでは買わない)。

まさに買い替える時期!という方は今から探すといいかもしれません。

見積をもらって、じっくり考える時間が十分あります。

元手がないのに増税前だからと焦ってローン組んだら、

金利分で帳消しになってしまうのでだめですよ。

住宅

一生に一度の買い物 住宅

ここではマンション3000万円とします

8% → 302,400,000円
10% →303,000,000円

私はこれくらい大きな数字になると「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん」

とやらないと桁がわからなくなってしまいます。

この差は60万円です!

もうこれは増税前に買わないと!と言いたいところですが、

9月31日までに引き渡される物件なら8%ですが、

今から探すと引き渡しが10月以降になると10%なので、

マンションだと建築が完了しているか、

もうすぐ完成で売れ残っている物件なら8%で購入できます。

(2019年3月末までに請け負い契約が完了していれば、10月以降の引き渡しでも消費税8%のままという経過措置があったんですが、今からでは適応されません)

戸建ての注文住宅だともう間に合わせるのは厳しいかも?

戸建て建売でもマンションでも気に入った物件があればいいんですが、

一生の買い物なので焦って探すものではありません。

 

本当に買いたい人は増税をみこして早めに動いていたでしょうしね。

増税前だから最近マンションがボコボコ立っているのかと今この記事を

下記ながら気づきました。

結論 必要ないものを増税前に買うことないと思う

私の結論はこうですが、

皆さんはどうですか?

 

この記事を書いた人

2児の母。正社員をやめ、パートに転職しました。在宅勤務を開始して小1の壁を回避!時間と心に余裕が生まれた現在。色々なプチ副業にも挑戦。在宅ワークのメリットを広める記事を書きつつ、個人的に興味のある様々なことも思いつくまま書いています!

コメント

コメントする