月額報酬が3倍に!在宅ワーク体験記 私が心がけた3つのこと

クラウドワークスで初めて契約に至ったのが2018年10月。

2018年11月から仕事開始して、その時は月額固定5000円でした。開始当初の記事はこちら↓

あわせて読みたい
在宅ワークでプチ稼ぎ
在宅ワークでプチ稼ぎパートで働きつつ、プチ稼ぎのためにしているお仕事の話です。ポイントサイト以外の副業は2018年12月現在下の3件です。 会社情報入力(100円/件) WEBショップメール対...

それが今は3倍の15,000円!

隙間時間を利用した副業としては十分な収入源になりました!報酬アップしたときの記事↓

あわせて読みたい
副業の基本料金アップ!一つの副業の契約終了の申し出をしました
副業の基本料金アップ!一つの副業の契約終了の申し出をしました私は2件クラウドワークス経由で得たネットショップ対応の仕事をしています。1件は固定報酬、もう1件は1対応50円の出来高払い。https://fornewworkstyle.com/%e5%9c%a8...

全ての副業がこううまくいくわけではないでしょうが、継続することで報酬アップしてもらえることもあるというのは間違いありません。

どんな仕事をどんな心がけでこなしたか、私の経験を書いてみたいと思います。

目次

私の在宅ワークの仕事内容をご紹介

仕事内容

WEBショップの問合せ・注文から到着まで対応(主にメール。たま~に電話)。海外へ商品の発注メール(英語)、契約倉庫への入荷・出荷登録。他のワーカーさんはいなくて、私1人で対応します。

ちょっと特殊な品物で、商品知識が全くない状態での開始でした。

はじめは自分なりに調べても、確信がもてずクライアント(私に仕事を任せている人)に確認しながら進めていました。

まったく知識がない頃は聞いてばかりで申し訳ない気持ちでしたが、いまではスムーズな問い合わせ対応ができるようになっています。

英語でのメールのやり取りはテンプレート外の事はGoogle翻訳のコピペでいいと言われていたものの、不自然なことが多かったので、ビジネス英語のサイトで言い回しを調べていました。しばらく英語にまともに触れていなかったのもあり、最初は時間がかかりました。

1日のうち副業に当てる時間

注文がきたら、在庫を調べ、取引先に発注。そしてお客様にメールします。

お客様へのメールも注文もテンプレートがあるので、パソコンですれば10分くらいで終わります。

問い合わせの内容によってはネットで調べたり、回答の仕方を考えたりで、30分くらいかかる場合もあります。

1週間くらい問い合わせも注文もない時もありますが、常に未完了の注文がある状態のため、荷物の輸送状況のチェックなどはしています。(所要時間1、2分)

時給に換算すると、1000円以上になっているんじゃないでしょうか。

仕事の時間帯は指定を受けておらず、都合のいい時間にしてくださいと言われているので(すごく理解のあるクライアントなんです)昼休みや夕方、夜にしています。

スマホでもできるので、ちょっとした事なら食後の団欒中にすることも。

その都度10~30分程度の作業で、拘束時間という程のまとまった時間はかかっていません。

高額商品なので利益は出ているみたいです。

大切なのはクライアント、お客様双方との信頼関係

クライアントへのほう・れん・そう

ミスの報告

社会人の基本、報告・連絡・相談は大切にしています。

特にミスの報告はちょっとした事でもしています。

(例えば、メール途中で誤って送信してしまった、などしょうもないミスをしたことがあります)

ミスは先に自分から報告すると印象が全然違います。ミスを自分から報告してくれる人って、「この人は信用できる」と感じませんか?

もちろんミス連発してたら信用も何もないです。

しかし私の経験上、仕事をしっかりこなしている中で起きるミスなら、言い訳などせず、しっかり反省の態度を示すことで、逆に上司や先輩、クライアントの信頼を得られます。

ミスは隠してもばれる。自分から申告することで逆に信頼を得よう。

対応方針の相談

クレームの対応方法など、ある程度は自分で考えますが、最終的にはクライアントに相談してから実際の対応を進めます。

お客様の要望をどこまで受け入れるのか、などは、ショップの経営者であり方針を決めるクライアントの判断が必要だと思うからです。8か月経過して、ある程度の方針は理解していますが、私の思っていた方向ではない対応方針になることもあるんです。

増えたといってもこの仕事は月額報酬15,000円。重要な判断を下せる立場の人間の報酬ではないですよね。クライアントもそこまで望んでいないと思います。

責任を背負い込みすぎることなく、最終的にはクライアントの判断を待てばいい、という本業よりライトな気持ちで仕事をしています。

ショップはクライアントのもの。自分はお手伝いをしているだけという立場をわきまえた働き方をする。

もちろんお客様への対応は丁寧に

クライアントの方だけではなく、お客様の方ももちろん見ています。

問合せ対応、クレーム対応などはテンプレートではなく自分の言葉なので、特に丁寧に誠意の伝わる文面になるよう心がけています。

当たり前なんですけどね。

メールでのやり取りの中に矛盾や突っ込みどころがあったりすると、一気にお客様の信用度は落ちてしまいます。「ああ、よくわかってないやつがやってるショップなんだな。ネットショップなんてやっぱり信用できないな」なんて思われたら、どれだけ商品や価格に魅力があってもお客様は離れて行くんですよね。

逆に、商品にクレームがあっても丁寧に対応すれば、上のミスの話と同じで信頼度アップします。

お客様の顔が見えないネットショップだからこそ、誠心誠意、心を込めた対応をする。

お客様から「丁寧に対応してくれてありがとうございます」なんてお礼のメールが来れば、クライアントからの私の評価も上がります

全ての働き方に通じる内容です

結局、在宅ワークと言えども副業と言えども、人を相手にするのであれば、社会人として人としての心構えは、会社で働くのとかわらない、と私は思います。

私はラッキーなことに、理解ある良いクライアントに巡り合い、まじめに仕事をこなすことで報酬をアップしてもらえました。

副業していなかった1年前に比べて、15,000円も月収がアップ!

会社員の昇級でもなかなかないですよね。

あの時クラウドワークスで応募して本当に良かったと思っています。



この記事を書いた人

2児の母。正社員をやめ、パートに転職しました。在宅勤務を開始して小1の壁を回避!時間と心に余裕が生まれた現在。色々なプチ副業にも挑戦。在宅ワークのメリットを広める記事を書きつつ、個人的に興味のある様々なことも思いつくまま書いています!

コメント

コメントする

目次
閉じる