「あなたの番です」最終話感想 あの人物の背景を予想

ついに終わりましたね。

いつもは録画で見ていましたが、最終話だけはリアルタイムで視聴しました。

これですべて終わりって感じにならなかったのが残念なような、続きもありそうでうれしいような。

ネタバレ有りの気楽な感想もこれで最後?

目次

犯人判明するの意外に早かった!

開始早々真犯人が黒島だということが判明しちゃいましたね。

尾野は全く関係なかった^^;すぐ帰っちゃったのかな?

二階堂の動揺を読み取るとは、翔太もやりますね。黒島の反射神経にもびっくりしました。格闘もいけるの?なんて思いましたね。

黒島が黒幕とは思っていましたが、黒島がここまでサイコパスさんだとは全く予想していませんでした。

自分は手を下さないタイプかと思っていたら、無茶苦茶実行犯じゃないですか!

榎本聡一と同じタイプだったってことですね。だから仲良くしてたのかな?

内山は黒島に認められたくて人を殺したってことですね。アパートで死んでしまったのも、黒島が知らないうちにダーツに毒を塗っていたからで、本気で死ぬつもりはなかった、と・・・。

こんな異常な関係性誰が想像しました?一度は本気で黒島を殺そうとしたのに、生還したからさらに心酔しちゃったって。

尾野の部屋には勝手に侵入しただけって、どういうこと?

二階堂にはがっかりです

前回の予想では、「二階堂は犯人を暴くために芝居を打っているんだ!」って思ってました。ネット予想もそういう考えの人が多かったですね。

でも、黒島が人殺しだってわかってて計画にのっかってた、なんて!がっかりです。

もっと冷静に判断して欲しかった・・・。

その後登場しても、「なんなんだコイツ」感があって・・・。

横浜流星さんはかっこいいですけどね。

管理人と西村の関係性

管理人は意外に繊細な人物だったんですね。

西村と管理人の間には友情があったのも予想外。

前回の感想で、「榎本早苗を脅迫したのは西村だ」って書いたのは当たりましたが、管理人がかわいそうだから脅迫しちゃったっていうのにはびっくりしました。

これが引き金になっているわけですが、罪には問われないんでしょうか?

第1話オープニングで、ストーリーテラー的に登場した竹中直人が、もう一度ラストで登場するかと思ってたんですが(「世にも奇妙な物語」のように)、登場しなくて拍子抜け。

オープニングになぜ登場したの?

これはまだ続きがあるぞというメッセージですか?

江藤は何者か想像してみた

最後に意味深に赤池幸子を見つめる江藤。

結局この人何?

黒島が赤池幸子の夫がよそで作った子供の娘(ややこしい)ってことなら、江藤もまた別な浮気相手との子供の息子なのでは?

ここからは私の想像です。

資産家の幸子の財産を狙って、気に入られようとしていた江藤。
しかし学力至上主義の幸子の一番のお気に入りは優秀な黒島だった。
黒島の犯行を知っていても、将来を思って黙っているなんて歪んでますね。

赤池家の事件後、ぼけたふりをしていた幸子を世話していたのは、いずれ寿命が尽きる幸子の財産をできるだけ多く手に入れるため。

しかし幸子は本当はぼけていなかったことが発覚。
黒島への思いに嫉妬したか、恨みからか、幸子を屋上へ置き去りにし、殺害した。

GPSは尾野だけに着けていたのではなったようですね!住民全員の行動を把握して何をしていたんでしょうか?そこが全然わかりません。

どうやって仕掛けたのかって考えると、アプリしかないかな~?
住民会で無理やりみんなにダウンロードさせたとか。

なぜ「あなたの番です」と書いた紙を送ったのが翔太だったのかも謎。

公式な解説を聞きたい

「だれか説明して!」っていう気持ちでいっぱいです。

公式な説明があるかな~?

江藤の話(かはまだ分かりませんが)だけでスペシャルドラマが成立するとは思えないので、「実はこうだったんだ」って説明してほしいです。

↓これが正解なのかなー?だとしても説明を!

この記事を書いた人

2児の母。正社員をやめ、パートに転職しました。在宅勤務を開始して小1の壁を回避!時間と心に余裕が生まれた現在。色々なプチ副業にも挑戦。在宅ワークのメリットを広める記事を書きつつ、個人的に興味のある様々なことも思いつくまま書いています!

コメント

コメントする

目次
閉じる