鼠径ヘルニア 3歳の息子手術までの記録 その3(手術終了~半年経過)

昨年、3歳の息子がそけいヘルニアだという事が分かり、3日間入院して手術を受けました。

術後半年がたちましたが、手術痕ももうわからないくらいだし、元気いっぱいに毎日過ごしております。これから手術を受けるというお子さんをお持ちの方に、少し安心していただくための内容となっています。

前回、前々回の記事の続きとなります。

鼠経ヘルニアと発覚してから総合病院受診までのその1はこちら↓

総合病院の入院前検査から手術終了までのその2はこちら↓

この記事は子供の疾患、手術などセンシティブな内容を含みます。うちの子の事例が全てのお子さんに当てはまるわけではないことをご理解の上、あくまで一例としてお読みください。
目次

入院2日目 手術終了

看護師さんが病室に来られて、一緒に手術室前まで迎えに行きました。

無事終了したことに心底ほっとしました。

ドラマなどのように、ストレッチャーかベッドに乗せられているかと思いましたが、先生に抱っこされて出てきました。

まだ麻酔でボーっとしているようです。

私だけ別室で先生から手術の結果を簡単に説明されました。特に問題なく終了し、腹膜の袋も、もう片側には確認されなかったとのことでした。

説明後息子を抱っこして病室に戻りました。まだまだ眠そう、というか病室に戻る途中で寝ていたと思います。片方の手首には点滴用の管が付けられていて、それが取れないようにガーゼで覆われていました。

手術したのはもちろん足の付け根のあたりなんですが、手の方が痛々しく、実際点滴の針が手を動かしたら痛いんじゃないか><と思いましたが、針が刺さっているわけではないそうです。

Yahoo!ニュース 個人
点滴中、腕には針が刺さっているわけではない話(中山祐次郎) - Yahoo!ニュース
点滴中、腕には針が刺さっているわけではない話(中山祐次郎) - Yahoo!ニュース点滴をしている間、腕に針が刺さっていると思っている人が多いのではないでしょうか。実は針が刺さっているわけではないのです。twitterで2万リツートを超えたこの話を図で...
出産のとき私も点滴しましたが、針だと思ってたから怖くて動かせなかったな~。針ではないと知っていれば。。。
手術終了は15時半くらいだったと思いますが、それから多分19時近くまですやすや寝ていたと思います。思いがけず私は暇な時間ができてしまいました。
目をちゃんと覚ますのか心配になるくらいでした。
その後目を覚ましても幸い、大暴れしたり泣いたりする様子はありませんでした。
手術後に暴れることはあるのでしょうか:

手術が終わった直後は、お子様の場合、「今は手術が終わったところで、病院にいるんだ」ということをすぐには認識できないことに加えて、痛みがあったり、点滴が入っていたり、おなかがすいていたり、普段と環境が異なる、あるいは麻酔薬の影響がまだ残っていることで、必ずしも快適な状態ではありません。このため一時的に暴れたり、興奮が続くことがあります。程度がひどい場合は鎮静する薬(眠たくなる薬)を投与する場合がありますが、通常、30分程度でおさまり、必ずもとの状態に戻ります。

兵庫県立こども病院HPより

痛くないのか私が不思議になるくらいです^^;
機嫌よくベッドの上からDVDを見てくれました。
腸の動きが活発になるまで水分はダメとのことだったのですが、寝ていたのでそれほど困りませんでした。
もういいかな?と言われ、お茶を飲みましたが、1度飲んだ後に吐いてしまったので、またもう一度時間を置くことになりました。
そのうちまた寝てしまい、結局何も飲まず、食べずに朝まで寝ていました。

退院の日

翌朝も機嫌よく目覚め、今度はお茶を飲んでも問題なかったので、朝ご飯も少し食べました。
相変わらず全然痛そうではありません。多少は痛みが続くのを覚悟していたので拍子抜けです。
ベットの上で立ったり動いたりして、点滴付けたままでも平気のようでした。
傷口は確か透明なテープで覆われていた気がします(ここはあんまり覚えていません^^;)
執刀した先生はお休みとのことで、代わりの先生が様子を見に来られました。
問題なく退院できます。
着替えや片付けを済ませて、いつもなら抱っこ抱っこの息子が、手術翌日だというのに一人で歩いていました。入院初日が嘘のようです。
とにかく何ともなさそうな息子にただただびっくりです。
病院の外に夫が迎えに来ていて一緒に家に帰りました。
家に帰ったらぴょんぴょん飛び跳ねようとするのでさすがに制止しました。

手術から1週間後

術後1週間は保育園でも外遊びはしないようにお願いしていました。激しい運動をしなければ大丈夫とのことだったのですが、念の為です。

お風呂には入っていました。

手術から1週間後にもう一度病院で診察にいきました。

この時の息子は私から全然離れず、プレイスペースで遊びもしませんでした。

傷口は問題なくくっついていたので透明なテープを取ったと思います。

みみずばれ防止のため、2か月間は傷口に垂直に、市販のサージカルテープを貼るようにと言われました。

傷あとが残らないようきっちり貼り続けましたよ。

費用

私の住んでいる自治体は、子供の入院費負担はありません。ありがたい。

ただし、個室を1泊利用したのでその分で17000円くらいかかりました。

個室は快適でしたが、もしもっと長期になったら負担が重いですね。。。

手術をして半年後

入院したことなど忘れているんじゃないでしょうか?病院への拒否反応も薄らいできました。

毎日元気にいたずらしたりして過ごしています。

手術したから、何か後遺症が現れた、なんてことはありません。

ちなみに手術の後は完全にわからなくなっています。

7月の今は保育園のプールを毎日楽しみにしています。

この記事を書いた人

2児の母。正社員をやめ、パートに転職しました。在宅勤務を開始して小1の壁を回避!時間と心に余裕が生まれた現在。色々なプチ副業にも挑戦。在宅ワークのメリットを広める記事を書きつつ、個人的に興味のある様々なことも思いつくまま書いています!

コメント

コメントする

目次
閉じる