ウェブ担当者1年目に知っておきたい知識を8時間で学ぶ方法

いきなり会社でWEB運営担当者にされてしまった。

そんな方いませんか?

私はそうでした。

WEB広告?分析?

マニュアルも引き継ぎもなしになぜ私にやれと言う?

最初はまさにちんぷんかんぷんで、上司に不満に思ったこともありました。

ですが、これは「仕事を通じてスキルアップするチャンスだ」と気づいたんです。

これから先数十年、求め続けられるであろうWEB解析について、今学んでみませんか?

⇒AKros Web & Business Design Academy
目次

ウェブ担当者1年目に知るべきWEB解析の重要性

WEBサイトは超優秀な営業マンです。

私の勤めていた会社でもWEB広告に営業マンの給料の何倍もの費用(年間1000万円以上!)をかけていました。

ですが、リスティング広告などは費用をかければある程度露出は増えますが、露出が増えても成果にはつながるとは限りません。

例えば薄毛に悩む男性向けの商品の広告を、女性に見せても成果はほとんど得られないはずです。

購買層となる世代もある程度絞れます。

うまく絞り込めば、広告の費用対効果がアップして

サイト運営やWEB広告の費用対効果をアップさせるためには、分析が必要不可欠なんですよね。

ウェブ担当者1年目にありがち アクセス数を見てるだけではWEB解析とは言えない

ウェブ担当者なら、Google Analytics(グーグルアナリティクス)を見たことがあるという方は多いと思います。

ページごとのアクセス数やWEB広告からなのか、オーガニック検索からなのかはチェックしたことがあるのではないでしょうか?

また、Google Analytics(グーグルアナリティクス)「見たことある気がするけど存在を忘れていた」「よくわからないから放置していた」という方もいるのでは?

ぱと

分析の仕方なんて全然わからないのに、上司からはアクセス数アップや問合せ・売上アップのための方法を出すように求められて困っていませんか?

ウェブ管理が複数業務のうちの一つだったりすると、じっくり研究したり学ぶ時間が取れず、後回しにしてしまっているかもしれません。

ですが、Google Analyticsの使い方を学べば、サイトやWEBショップの集客効率を各段にアップできる可能性があるんです。

WEBからの問合せや、注文、求人応募数が増えれば、あなたの評価も爆上がり!

さらに、ウェブ担当者として実績を出せば、将来転職を考えている場合には強いアピールポイントになります。

「でも、どうやって勉強すればいいの?」

という方にお勧めなのが、計4回8時間で上級知識を身に着けられるAkrosの講座です。

⇒Akros Google Analytics応用 Webサイト分析講座をチェック

Akros ”Google Analytics応用 Webサイト分析講座”で8時間で知識を自分のものに

「講座は受けたいけど、そんなに時間もとれないんだけど・・・」

「地方でも受けられるオンライン講座はないかな」

そんな方にこそAkros(アクロス)の”Google Analytics応用 Webサイト分析講座”の存在を知ってもらいたい。

Akrosには通学型の講座もありますが、オンライン講座も開かれています。

講座内容 全4回:1コマ2時間

STEP
1日目
1.改善ポイントの見つけ方

ビジネスやサイトの目標を達成するために正しくゴールと目標を設定する必要があります。
適切な目標を設定しない限り、そのサイトはゴールにたどり着けません。
ゴールの設計と分析方法、データの見方について学びましょう。

2.項目別の改善策
サイトを訪れる人が望む有用な情報を掲載するために、色々な視点から分析する必要性があります。
・自然検索/リスティング
 自然検索の分析
 リスティング広告分析
・メルマガ
 メルマガ改善
・SNS
 SNSの分析&改善
・ランディングページ
 ランディングページの分析&改善

STEP
2日目

3.カート・入力フォームの改善
カートや入力フォームは、改善効果が発揮しやすいのですが、難しさもリスクも多いのでそれを踏まえての改善策の提案です。
・カートの分析
・入力フォームの分析
・改善施策


4.スマホサイトの改善
PCとSPの分析は違いが多いのです。その違いを踏まえて適切な改善をすることでアクセス数UPが見込めます。
・PCとSPの違い
・目的の定義
・スマホサイトの分析

STEP
3日目

5.分析結果の活用方法
データから得られた結果から「悪いところを見つけて改善する」だけではなく「良いところを見つけて伸ばす」ということも可能です。
その具体策をお伝えします。
・分析結果を活用するするためのPDCAサイクル
・具体的な取り組み

6.ECサイトの改善
ECサイトはオンラインで決済が発生します。サイトそのものがどれくらいの売り上げを上げているかを直接把握することができます。
ということは、ビジネスのゴールがオンライン上で完結するため、分析も比較的行いやすく改善しやすいのです。
・ECサイトの目的を理解
・ECサイト新規顧客とリピーターについて
・改善施策

STEP
4日目

7.BtoBサイトの改善
BtoBサイトに大切なのは、大量のユーザーを連れてくるのではなく、見込み客の来訪を増やすことなのです。
・Webサイトの役割を再認識する
・BtoBサイト改善の考え方

開催日程

開講日は平日が主です。毎月開講されているので詳しくは公式サイトで!

料金

35,200円(税込)

事前のクレジット/銀行振込決済の場合受講料10%OFF!!

会社にお願いして経費で受講させてもらえたらベストですね。

身に着けられるスキル

●自社サイトの改善点が見つけられ、
売上やアクセス数・お問い合わせ数・求人応募を増やせる手立てを考えられるようになります。
●サイト運用に必要な考え方が学べます。
●様々な施策や分析方法について知ることができます。
●Googleアナリティクスを有効に活用することができます。
●WebサイトをPDCAで回すことの重要性がわかります。

Akros Google Analytics応用 Webサイト分析講座 公式ページより
ぱと

ただアナリティクスを眺めてアクセス数の変化を見ているだけの状態からレベルアップできるということ!

⇒Akros Google Analytics応用 Webサイト分析講座をチェック

もっと初歩的なことから学びたいなら6,600円の初級コース

上でご紹介したAkrosの講座は”応用”編ですが、その前に気軽に受けられる初級・入門講座も用意されています。

アナリティクスのことを基礎から学びたいなら、まずは初級講座を受講した後に応用講座に進むのがおすすめです。

2時間で基本的なことが学べます。

リアルタイムなオンライン講座なので講師の方に質問できるのがうれしいですね。

料金は6,600円(税込)なので、気軽に受けられますね!

⇒2時間で学ぶGoogle Analytics初級

スキルをつければ会社に貢献⇒評価アップのウェブ解析

上でも言ったようにWEBサイトは優秀な営業マンと言われます。

ですが、すべての企業サイトが魅力的なわけじゃありません。

発注先を探す場合、まずネットで検索しますが、魅力のないHPの会社には連絡を取ろうとも思わないものです。

もちろんWEBサイトのデザインも大事ですが、さらに分析があってこそのWEB運営です。

WEB運営のスペシャリストになるための第一歩を踏み出すか、そのまま

一つ言えることは、今身に着ければ将来転職することになったとき間違いなくアピールポイントにできるということ。

面倒だと思って学ばないでいるか、それともスキルアップのために8時間だけ集中してみるか、どちらを選びますか?

⇒Akros でスキルアップする方を選ぶ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2児の母。正社員をやめ、パートに転職しました。その後退職してオンラインアシスタントとして働いています。在宅で働くメリット、副業するメリットをお伝えしていきます!

コメント

コメントする

目次
閉じる