WEBライターの始め方 初心者が1000文字書くのに何時間かかる?

「在宅ワークでWEBライターを始めようかと思うけど、まず何から始めたらいいのか分からない。」

「初心者の私が1000文字書くのにどのくらい時間がかかるのかな・・・」

WEBライターを始めたい気持ちはあるけれど、このような不安や疑問を抱えてしまい、なかなかその一歩を踏み出せないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、WEBライターの始め方と、初心者が記事を書くにあたって必要な時間やWEBライターのメリット・デメリットなどをご紹介します。

目次

WEBライター 1000文字書くのに何時間かかる?いくらもらえる?

ライティングの仕事には必要文字数が指定されていることがほとんど。

WEBライターへのライティングの仕事は1記事500文字程度のものから7000文字のものまで、様々な内容で募集されています。

初心者だと何時間かかるかが読めないので、文字数の多い仕事に応募しにくいですよね。

1000文字書くのにかかる時間

例えば、1000文字の記事を書くのに何時間かかるのでしょうか?

内容にもよりますが、慣れれば1000文字を1時間以内で書けるようになります。1時間2000文字書いた!なんて話もききます。

ただし初心者の場合は2~3時間、またはそれ以上かかると思っておきましょう。

1000文字というと原稿用紙5枚分です。学生時代に読書感想文でも2,3枚が限度だったはず。

実は1000文字というのは記事としてかなり短いのですが、初心者のうちは1000文字のゴールがすごく遠く感じます。

ぱと

何文字書いたか何度も文字数カウントしちゃう

1000文字書いていくらもらえる?

ライティングの仕事をするうえで重要な報酬については、文字単価が重要になってきます。

固定報酬の場合もありますが、多くの場合文字単価×文字数で報酬が決まるので、文字単価1円の仕事の場合は1000文字で1000円になります。

未経験の場合文字単価の高い仕事は受注できないので、文字単価0.1円~0.5円などの低単価の仕事しか取れないことがあります。

文字単価0.1円の仕事の場合⇒1000文字で100円

1記事3時間かけて書き上げた場合は時給換算すると時給33円となってしまいます。

文字単価と執筆スピードを上げることがWEBライターとして稼いでいくポイントです。

WEBライター 初心者が記事を書くのに時間がかかる理由

ほとんどのWEBライター初心者は、記事を仕上げるのに膨大な時間(と自分は感じる)をかけることになります。

その原因はなんでしょうか。

原因1 言葉が出てこない

まず、文章を書くことに慣れていないので言葉が出てこないんです。

表現の種類も乏しいため、「これをどう表現したらいいんだろう」と悩んで止まってしまうこともあります。

ぱと

私もこのブログ初期の記事は本当に短かったです。書きたいこと500文字書くのにも1時間以上はかかっていました、、サラサラ書けるようになったのは1年後くらいです。

※私の場合は副業ということもあり、書くペースは月数回だったので慣れるまでに時間がかかっています。ライティングを本業にしたいという方は、ハイペースに仕事を続けてもっと早く慣れると思います。

原因 2  知らないテーマについて書かなければいけない

ライターはただ好きな文章やもともと自分の持っている知識を書くだけでではありません。大抵はクライアントから提示されたテーマでのライティングになります。

そうなると正しい内容を書くために入念に調べたり情報収集する必要がでてくるため、その分も時間がかかってします。

初めてのライティングは、自分の知っているテーマにすることをお勧めします。

原因 3  集中力が持たない

ライティングには集中力が必要です。

「集中力できない!」という時はライティングに慣れていても書けなくなります。

そんなときは10分、20分パソコンの前に座っていても文字数は増えていきません。ついTwitterやYahoo!ニュースなどを見始めることもあります。

そんな時は書いている途中でいったんやめて、翌日また書き始めるという場合も多いです。

初心者の場合は慣れないライティング作業に集中し続けるのはもっと大変です。手が止まればそれだけライティングにかかる時間が増えます。

スマホの通知が気になってついスマホを見始めることもあるので、集中したいときはサイレントモードにするか、手の届かない遠くに置いておくことをおすすめします。

原因 3 レギュレーションの存在

ライティングの依頼には、「レギュレーション」という決まりがある場合が多いです。

例えば次のようなレギュレーションがあります。

  • 「事」は漢字ではなく「こと」にするなどの文字に関する決まり
  • NGワードがある
  • 文章の口調 ビジネス文章なのか、くだけた語り口調なのか統一する決まり
  • 1文は〇文字以内に収めるという決まり

もっと細かい決まりがある場合もあり、そんな時は壁などすぐ見える位置にレギュレーションを貼り付けて確認しながら書くので時間がかかります。

原因 4 修正が多い

「2,3時間かけて1000文字書いた!納品して終了!」とはなりません。

記事を書いて、提出したらそれで完了というライティング案件はほとんどないんです。

クライアント(仕事を依頼する人)の確認後、修正が必要な場合は戻されます。

初心者だと文字数を埋めることを意識するあまり、冗長な表現(~することができる)を使いがち。

さらに同じ文末の締めが続いてはいけないなど(「~でしょう。~でしょう。」など)基本を知らない場合も多いため、クライアントが突っ込まずにはいられない文章を書いてしまうことが多いんです。

クライアントの意図したものと出来上がりの文章がずれている場合は、ほとんど書き直しになってしまうケースもあります。

WEBライターはこんな人におすすめ!

「WEBライターは誰でも始められるからやってみようと思ったけど、なかなか厳しい世界かも・・・。私に向いてるのかな?」と不安に思われた方に向けて、ここからはWEBライターのメリットとデメリット、WEBライターに向いている人をご紹介します。

メリット

時間と場所を選ばず自由な働き方ができる

パソコンとネット環境があればいつでもどこでも仕事ができます。

子育てをしながら在宅ワークをしたいママや、郊外に住んでいてオフィス街への通勤時間が長時間かかる方には大きなメリットですよね。

誰でもすぐに始められる

特別な資格も必要ないので、一般的な機能の搭載されているパソコンさえ準備できたらすぐにWEBライターの仕事を始めることができます。

知識を深めることができる

記事を書く際には必ずと言っていいほど情報収集を行います。

この情報収集によって自分の得意なテーマであったらより深い知識を得ることができますし、様々なテーマに挑戦する場合はこれまで知らなかった世界をどんどん知ることができるようになります。

自分で稼ぐ力が身につく

WEBライターに限らず、フリーランスで仕事を始めると自分で仕事を取ってきて稼ぐことになります。

企業に属して働いている時ではなかなか感じられない達成感を味わうことができます。

デメリット

軌道に乗るまでが大変

未経験からWEBライターとして仕事を始めると、低単価の案件しか仕事が取れず最低賃金以下で働く日が続くこともあります。

ですが、いつまでもそのような仕事しかできないわけではありません。

実績を積み上げライティングスキルが向上してくると1文字1円以上の高単価の案件も取れるようになってきます。この軌道に乗るまでモチベーションを下げないまま続けることができればWEBライターとしてやっていけるでしょう。

競争が激しい

誰でもすぐに始められるWEBライターの仕事は、ライバルも多く好条件な案件は取りにくいというデメリットもあります。

初心者のうちは難しいかもしれませんが、ライバルに勝てるような経験とスキルを磨かなければクライアントに選んでもらえません。

時間の切り売り

WEBライターの仕事は時間の切り売りとも言われます。

どれだけ良い記事を書けてもその記事はクライアントのものになります。

資産として何も残らないため、時給で働くアルバイトと同じようにWEBライターも時間の切り売りとなってしまいます。

ライターに向いているのはこんな人

WEBライターのメリットとデメリットを挙げましたが、「じゃあどんな人ならWEBライターを続けられるの?」と思いましたよね。

こんな人です。

  • 文章を書くことが好きあるいは苦痛でない
  • 情報収集が好きで好奇心旺盛
  • ひとりで黙々と作業できる
  • 人生経験が豊富

文章を書くことが好き、あるいは苦痛でない

やはりWEBライターの仕事は1日に何千文字もある文章を書くことなので、文章を書くことが嫌いな人には向いていないでしょう。

しかし、得意でなくても大丈夫です。苦痛に感じなければ続けられます。

ぱと

WEBライターを本業とするなら、毎日1記事以上書く人が多いみたいです

実は、私もライター一本で食べていくほどには、ライティングが好きではありません。。

企業のブログ記事を月に3記事程度書いているだけなんです。

ライティングに取り掛かるまでに時間がかかるんですよね。。。ライティングを本業にはできない人間です。

それでも文字単価も2円/文字になったので(交渉しました)、1記事3000~4000文字で月2万円ほどの収入になっています。

Webライターは副業としても魅力のある仕事です。

さらなる文字単価アップを目指して、もっと勉強しないといけないと思っているところです。

情報収集が好きで好奇心旺盛

メリットでもお伝えしましたが、記事を書くにあたってそのテーマについて情報収集を行います。

「別の角度から調べてみよう」「この情報もあった方がいいからもっと調べよう」と思える人はWEBライターに向いています。

また、調べた情報を慎重に取捨選択できる目も求められます。

特に情報をWEB検索したときに注意が必要なのが、参考にした情報が古かったり、間違っている可能性があること。

たとえば、私が学生の頃はいい国(1192)つくろう鎌倉幕府で覚えた鎌倉幕府が開かれた年も、いまは1185年として教科書にのっているんですよね。

ぱと

「いい箱(1185)つくろう」で覚えるとか

このように、教科書に載っている歴史だって解釈の違いで変わってしまうんです。

専門外のことはもちろん、自分が当然だと思っていることでも、情報の確実性を高めるために複数の資料で調べることが必要です。

1人で黙々と作業できる

みなさんのご想像通り、WEBライターは1人でパソコンに向かって黙々と仕事をします。

仕事の時間は誰とも話さないことがほとんどです。

なので、誰かと話ができないことが苦痛でない人におすすめです。

ぱと

集中したいときは私はイヤホンで音楽を聴いています

人生経験が豊富

WEBライターの仕事は誰でもできますが、転職による様々な職種の経験やライフイベントの経験、趣味や自己啓発などで得た知識などが豊富な人の方が幅広い案件に取り組みやすいです。

様々な内容での記事作成依頼がありますので、ご自身の経験してきたことや持っている知識に関連する内容であれば書きやすいです。

WEBライターの始め方

WEBライターの始め方は2通りあります。

  1. ライティングの仕事に応募する
  2. WEBライティングスクールを受講しライティングの知識を身につける
  3. 自分のブログなどでライティング練習する

WEBライターの仕事に応募する

WEBライターへライティング依頼をする求人はクラウドソーシングサイトや一般的な求人サイトにて募集されています。

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトに登録し、募集されている記事作成の案件等に応募し受注できればWEBライターとしての仕事をスタートすることができます。

一般的な求人サイトでは、案件ごとに募集というよりも、「WEBライター」という職種の人材を募集していることもあります。

そのため、WEBメディアを運営している会社との雇用契約を結ぶこともあります。「初心者歓迎」の求人があれば応募してみましょう。

WEBライティングスクールを受講しライティングの知識を身につける

「いきなり仕事を取ってきてちゃんとした記事が書けるか不安」

「納期はどのぐらいだったら間に合うのかな」と心配な方はこちらの方がおすすめです。

WEBライティングスクールでは、基礎から教えてもらえるだけではなく仕事の獲得方法も知ることができます。

受講生に仕事を回してくれるスクールがおすすめです。

読みやすい文章の書き方やSEOを意識したライティング方法が身につき、自信を持ってWEBライターの仕事を始めることができます。

自分のブログなどでライティング練習する

一番お金がかからない始め方は、noteやブログで記事を書いてみることです。

書くことになれるためなら日常のことでもいいのですが、仕事にすることを前提として練習するのであれば何かテーマを決めて記事をたくさん書くとよいでしょう。

検索すると文章の書き方に関する情報はたくさん手に入るので、勉強しながら続けることが上達への近道です。

参考までに私が参考にしてきた教材をご紹介します。

\WEBライターから高評価のライティング本/

特化型アフィリエイトブログの作成方法を1から丁寧に学べる教材。

WEBライターを始めるなら 基礎を学んでから

「私、WEBライターに向いてるかも!」と思えましたか?

まず仕事に応募するのも良いのですが、何度も言いますが、初心者が得られる報酬は非常に低いです。「経験のため」ということで低単価の仕事をするのもありですが、WEBライターとして食べていきたいという方はまず勉強しましょう!

最初の低単価の時期に耐えられず、せっかく始めたWEBライターの仕事もすぐに諦めてしまう人が多いからです。

WEBライティングについて学べるおすすめサービスをご紹介します。

幅広い知識が身につく【シーライクス】

受け放題プラン・・・1ヶ月16,280円+入会金162,800円

月5回プラン   ・・・1ヶ月10,780円+入会金162,800円

この料金で、ライターコースを含む全25種類あるコースの中から自由な組み合わせで学ぶことができます。

ライティングについても学びながら、少し興味のあったWEBマーケティングやWEBデザインも同時に学ぶ、というようなことができます。

第一線のライターが講師【ライティングハックス

Webライター育成講座・・・69,800円

3名の講師による77本の動画と無制限の質問サポートが付いており単価アップのためのライティング方法を学ぶことができます。

高単価のWebライターになるための知識を身に付けることができます。

卒業生には添削・お仕事グループへの招待の特典があり、受講して終わりではないのが魅力ですね。

⇒Twitterで有名なライターによるライティングスクール

【ユーキャン】

WEBライター講座・・・19,800円

全18レッスンの動画視聴でインプット、ワークブック教材によるアウトプット、現役ライター講師からの添削による3ステップで1ヶ月でライティングが身につきます。

他の講座に比べて受講料が安いのが魅力。勉強にあまりお金をかけたくない方におすすめ!

予算や受講内容であなたに合う学び方を選んでみてください。

ユーキャン

ヒューマンアカデミーの【たのまな】

知識ゼロから在宅ワークで月10万稼ぐことを目指す講座。

WEBライティングコース・・・32,000円

価格が比較的安くて、最短2か月で稼げるスキルを身に付けられるのが魅力。

⇒『WEBライティング実務士』の資格もとれる! たのまな

WEBライターの始め方はひとそれぞれ!でも稼ぐためには勉強と経験が必須

WEBライターは本当に誰でもいつでも始めることができます。

今日から「私はWEBライターです。」と宣言することも可能です。

ですが、稼げるWEBライターになることは簡単ではありません。

稼ぐためにはライティングやSEOの知識を身に着け、高単価の仕事の取り方を知らなくてはいけません。

そして得た知識をもとに経験を積み重ねることで、稼げるWEBライターとなります。

これからWEBライターを目指そうとされている人は、まずはライティングの勉強から始めてみましょう。

副業としてのWEBライティングに興味のある方は、こちらもご覧くださいね。

⇒副業で月3万円稼ぎたい方にお勧めの仕事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2児の母。上の子が小学校に入学する前に正社員をやめ、パートに切り替え、その後退職してオンラインアシスタントとして働いています。在宅で働くメリット、副業するメリットをお伝えしていきます!

コメント

コメントする

目次
閉じる