886416523
MENU

今転職を考えている人こそ知るべき オンラインアシスタントという選択

2019 9/07
今転職を考えている人こそ知るべき オンラインアシスタントという選択

あなたは仕事に追われ、家事に追われて毎日を過ごしていませんか?

「やめたい」という考えが頭をよぎったりしませんか?

もしくは仕事を今セーブしているけど、自分の力をもっと生かしたい!と思っていませんか?

この記事では在宅で働ける、オンラインアシスタント(もしくは在宅秘書)と呼ばれる働き方をご紹介しています。

今の仕事を辞めたいけれど、転職したいけれど、一歩踏み出せないという方に何かのヒントをご提供できれば幸いです。

オンラインアシスタントとは?

オンラインアシスタント、もしくは在宅秘書、オンライン秘書などと呼ばれることもある仕事です。

例えば企業の経営者などが「忙しすぎて雑務が追い付かない!でも人を雇うほどではないし、事務所もない」という状況に困ったオンラインアシスタントサービスと契約すると、ホテルの手配やウェブの情報更新、デザインやメール配信などなど、様々な雑務、事務処理などを任せることができるのです。

そうすれば、経営者は経営者として大切な業務に集中することができる、というわけです。(大企業が依頼する場合もあるようですが)

下のサイトの説明がわかりやすいかと思います。

HELP YOU
オンラインアシスタントがあなたの業務をサポート HELP YOU
オンラインアシスタントがあなたの業務をサポート HELP YOUオンラインアシスタント/「HELP YOU」を利用してコア業務に集中しませんか?HELP YOUは日本最大級の実績を元に優秀なオンラインアシスタントがあなたの業務サポートします...

↑のHELP YOUでは、様々な業務知識、経験を持ったスタッフがいて、グループで対応しています。このようなタイプのサービスの需要が高まり、今、どんどんサービスを提供する会社が増えています。

つまりオンラインアシスタントとしての働き口も増えてきているということなのです。

仕事の種類は多種多様で、事務系だけでなく、デザイン系、WEB系の経験を生かすことができます。

オンラインアシスタントとしての働き方・収入面

オンラインアシスタントサービスを提供している会社の一員として働く場合

  • 正社員・契約社員として雇用される
  • 業務委託契約を結び仕事を受注する

この2つの働き方に分けられます。

正社員・契約社員として雇用される

正社員・契約社員として雇用される場合、スタッフのリーダー的な役割を担当する場合が多いようです。働く時間が昼間に限定されている会社(キャスターなど)と、比較的融通の利く会社(HELP YOUなど)があります。

収入は会社によって変わりますが、キャスターの場合はリーダー職で月給195,000円~360,000円と明記されています。 フルタイムですが、在宅でこの報酬は魅力的です。

キャスターの場合採用されるのは1%ということで、狭き門にはなりますが、今までのキャリアに自信があり、キャリアを生かす仕事を探している方にとっては、挑戦してみる価値は十分にあると思います。

業務委託契約を結び仕事を受注する

業務委託契約では、業務時間の縛りがない場合がほとんどです。時間の縛りはないですが、1日3時間以上は仕事に時間が取れる方が求められます。

報酬は時給900円~1000円スタートのところが多いようです。

いずれも働く場所を問いません。海外で働く方も要るようです。

なので、転勤族の夫をもつ方などにもおすすめの働き方です。

クライアントと直接契約を結ぶ場合

業務委託契約の場合が多いと思いますが、雇用される場合もあります。ここはクライアントの考え次第というところですね。

クラウドワークスなどでも企業が募集をたまに見かけます。
ネットの募集している会社、本当にちゃんっとした会社なのか自分だけで契約するのは不安、という方は信頼できる会社に仲介を頼むのが安心です。

以前の記事でもご紹介したことがありますが、在宅秘書サービスは、面接などの選考段階から契約後までも色々相談に乗ってもらえます。

在宅ワークは初めてで、企業のやり取りに不安があるという方にもお勧めです。

あわせて読みたい
No Image
在宅秘書とは? | 在宅秘書サービス中小企業・起業家向け在宅秘書サービス、在宅就業スタイル導入ご支援

※登録しておくと、メルマガで案件の情報などが送られてくるので参考になります。直接連絡はこないので、気になる方はどうぞ。

私がオンラインアシスタントをお勧めする理由

私は生活に占める仕事の割合が大きすぎることに疲れてしまって、正社員をやめパートになりました。

今は一部出社、一部在宅勤務で週5日働いています。

今は一企業にパートとして雇われているので、上でご紹介したどの働き方でもないのですが^^;在宅のときは事務系メインのオンラインアシスタントのようなものです。

フルタイムをやめ、16時までのパートになったことで時間に余裕ができました。保育園の迎えの時間に間に合わない!と焦ることもなくなったし、子供にちょっとした変化があって心配になったら仕事が終わってから病院に連れていくこともできる。

さらに在宅勤務を開始したことで、自宅でリラックスして仕事ができています。

上の子だったら熱などで学校を休んだ日でも、警報が出て休校になっても家で面倒を見ながら仕事はできます。(3歳の下の子の場合はかまってちゃんで、仕事に集中できないので難しいです)

収入やキャリアなどを手放したくないから今の仕事をやめられないと思うかもしれません。

でも、仕事と家事に追われる毎日に疲れ切ってしまっているのなら、本当にそこまでして続けないといけない仕事なのか、一度働き方を変えることを考えてみてはどうでしょうか

それはオンラインアシスタントのような在宅での働き方でなくても構いません。

オンラインアシスタントと一口に言っても仕事も収入も様々なので、オンラインアシスタントになればすべてうまく行く!とは言いません。

今正社員の仕事についている方は「安定」の面でも不安があるかもしれませんし。

それでも働き方の一つとして、こんな在宅ワークがあるということを知って欲しいと思い、ご紹介しました。

この記事を書いた人

2児の母。正社員をやめ、パートに転職しました。在宅勤務を開始して小1の壁を回避!時間と心に余裕が生まれた現在。色々なプチ副業にも挑戦。在宅ワークのメリットを広める記事を書きつつ、個人的に興味のある様々なことも思いつくまま書いています!

コメント

コメントする